尿路結石 最終決着プロジェクト

40代/50代の働き盛りの男性に多発

エジプトのミイラにも尿路結石があるそうです。日本では40代/50代の男性に多発しており、発生は20年で2倍になっています。

男性の寿命を80才として計算すると、生涯に一度は尿路結石になる男性は15%、7人に1人です(女性は約半分)。命には関わらなくても、第一線で働いている男性が急に激痛で欠勤したりしますから、社会経済にも大きな損失です。

また、下図のように高温期に多く発生しており、地球温暖化で世界中でこれからますます増えると予測されています。現場作業や営業など発汗で水分不足になりがちな業種では、要注意です。

解決策はもう見つかっている ! !
ところが実は、尿路結石の解決策はすでに見つかっています。それは「磁気活水を飲む」という簡単な物理的方法です。本プロジェクトでは、尿路結石でお困りの方に当社の「磁気活水マイルドシャワー」を1年間無料でお貸しして、尿路結石解消の実績を増やしてゆきます。

尿路結石は体外の物理現象
尿路結石が、なぜ簡単な物理的方法で解決できるのか? それは尿路結石が体内で起きる複雑な生理現象ではなく、体外で起きる単純な物理現象だからです。

尿路結石は腎臓の尿の出側で作られて、尿管、膀胱、尿道と降りてきます。末端の尿道口から尿路内に細い管を入れると、出血なしに腎臓まで届きます。つまり尿路は体の外なのです。尿路結石は排水管の付着物のようなものです。付着物のギザギザを少し溶かして丸くして、押し流してしまえば一件落着です。
磁気活水とは何か
磁石の間を水を通すと、水は磁力を受けて活性化します。それを磁気活水と呼んでいます。

水の分子間結合が磁気を受けて変化して、水の性質が変わります。成分は何も変わりませんが、水の構造(形)が変わるのです。

磁気活水の特質:カルシウムが付着しない
磁気活水は1950年代に旧ソ連の広大な農場で、農業配管がカルシウムで詰まるのを防ごうとして研究されたことが始まりです。つまり磁気活水とは、もともとカルシウム対策でした。欧州やロシアの水はカルシウムの含有が多く、配管にカルシウムが詰まります。その対策として、水に磁気を当てるとカルシウムの付着が減ることが分かってきたのです。なぜそうなるのか?
2000 年にダブリン大学の研究でそのメカニズムが分かりました。水中のカルシウムが結晶となって析出する時、普通の水では互いに付着しやすい形(カルサイト)で析出するのに対し、磁気活水では固くて付着しにくい形(アラゴナイト)で析出することが分かったのです。


さらに、変化した状態は 200 時間以上持続することも分かりました。ですから、磁気を当てた水を流していると配管内にカルシウムが付着しなくなるのです。
強力なネオジム磁石の発明
中国の古い医書に「尿路結石は磁石を土鍋でゆでて、その汁を飲む」という不思議な記述があります。昔の人も磁気活水と結石との関係に気づいていたようです。現代では約30年前に日本人によって強力な「ネオジム磁石」が発明されましたから、効果はますますはっきりしてきました。以下のように多くの実用例があります。
実用例:温泉の給湯管
温泉の給湯管にいつもカルシウムが詰まり、困っていました。根元に磁気活水器を設置したら2ヶ月でカルシウムは取れて行き、配管掃除の作業が軽減されました。


実用例:尿石が取れた
男子小用トイレの排水管に尿石(尿中のカルシウム)がこびりついていました。水洗ラインに磁気活水器を設置したら、2ヶ月で付着が半分になりました。


トイレの尿石と人体の尿路結石とはまったく同じ物質です。ですから尿石が溶ければ尿路結石も溶ける道理です。実際当社の15年間の活動で、磁気活水の飲用によって尿路結石が解消された体験談が多数あります。これは尿路結石が解消されたと言うよりも、磁気活水のユーザーにとっては、尿路結石という「問題そのもの」が存在しなくなったということです。

体験談 8年間再発なし 福井県 女性60代
尿路結石でしばしば激痛で苦しんでいました。磁気活水を飲むようになってしばらくして、夫から「このごろ苦しまないね」と言われました。そういえば尿が赤くなったことがあり、その時、結石が排出されたようです。その後8年間、再発していません。
体験談 腎臓結石が出て行った 兵庫県 男性50代
4年前に健診で腎臓に石があると言われ、不安でした。2年前に磁気活水を飲むようになったら、2ヶ月ほどして黒っぽい尿が出て、便器に砂のような物が残りました。その直後の健診で石がなくなっていると言われ、不安が解消されました。
体験談 人工透析を免れた 兵庫県 男性70代
「3ヶ月後に人工透析を始める」と医師に宣告されていました。その時、磁気活水に出会いました。すると3ヶ月後に検査値が良くなり、透析を免れました。その後6年間透析にならずに元気でいます。
以上は個人の体験です。誰にでも起きるとは限りません。

石灰質は溶解と析出を繰り返す
石灰質(カルシウム)は水に溶けたり、また析出して付着したりを繰り返しています。鍾乳洞で、石灰岩の「つらら」ができたり「たけのこ」ができたりするのは、石灰質が地下水に溶けたり、また析出したりを繰り返しているからです。

鍾乳洞の天井をつたって流れる水に、石灰質が溶け込みます。そしてその水が床に落ちる時に、石灰質が再び析出して付着すると、それはツララになります。ツララから落ちてから床で石灰質が析出して付着すると、そこにタケノコができます。鍾乳洞ではこういう動きが繰り返されて、複雑な形状が出来上がります。

では天井をつたってくる水がもし磁気活水に変わったとすると、どうなるでしょうか。
その場合、溶けた石灰質がふたたび析出するとき、それはアラゴナイト結晶となって、もう付着しなくなります。ですからツララをつたって落ちる水にツララの石灰質が溶け込んで、その水がツララの先端まで落ちる間に再び石灰質が析出しても、それはアラゴナイト結晶ですから、ツララに付着しないわけです。

その結果、ツララは溶ける一方になります。ツララは成長しなくなり、やがてツララは消え、同じようにしてタケノコも消えます。これが前掲した実例の温泉配管やトイレの排水管で起きた現象です。

同じことが体内でも起こります。体内と言っても先述したように、腎臓から先は外界とつながっていますから、尿路は単なる配管のようなものです。ですから物理現象として同じことが起きるのです。体の水分量は60%くらいですから、体重70kgの人は水分が42リットルくらいあります。毎日2リットル磁気活水を飲んでいると、21日ほどで体液はすべて磁気活水に変わり、それが腎臓から尿路へと排泄されてきますから、尿路にある尿路結石は溶け始めるのです。

全部溶けなくてもよい
尿路結石が溶けるのにどのくらい時間がかかるのか。必ずしも体液が全部磁気活水にならなくても、尿路結石は溶け始めるでしょう。それに実は尿路結石は全部が溶ける必要はありません。

トゲトゲの先端が少し溶けて丸くなれば、引っかかりがなくなり、サイズも少し小さくなって、スポンと尿路を通り抜けてくれます。
ですから尿路結石の悩みは意外と早く解消されます。数日で排泄されたケースもあります。どうしても排泄できなくて、2週間後に手術が決まっていた人が、磁気活水を飲むようにしたら手術日直前に自然に排泄できて、手術が不要になった例もあります。2ヶ月もあればたいていの尿路結石は排泄されてしまうでしょう。

副作用がない 再発しない
この方法の良いところは、手間もかからず、副作用もまったくなく、2度と尿路結石が出来なくなることです。出来ていた尿路結石が溶けて排出されるくらいですから、まだ出来ていない尿路結石が出来ることは、もうないわけです。手術などで一時的に解消できても、6割の人が再発するわけですが、磁気活水を日常的に飲むようになれば、再発はしないのです。

中国で昔から言われていた
実は漢方医術には昔から、「土鍋に磁石と水を入れて半分くらいまで煮詰めて、冷ましたものを飲んで石を出す」という方法があります。中国では磁気の効果が認識されていたようです。
現代になっても中国でいくつかの論文が出ています。

◆1987年に中国の武漢大学から、尿路結石が磁気活水で溶けたという医学論文が出ています。
We had tested the solubility of oxalate, uric acid and phosphate urolith both  in ordinary and in magnetized water and found that phosphate urolith had better solubility in the latter.
(要訳:リン酸尿石は磁気活水で溶けやすかった)

◆2011年に中国で、磁気活水を2リットル飲むと尿路結石の予防に効果があると発表されています。
drink water or normal adult daily magnetized water 2000 ml or more, of some significance for the prevention of stones.
(要訳:1日2リットルの磁気活水を飲むと結石が予防できる)

蒸留水を飲む方法は効率が悪い
蒸留水を飲用すると尿路結石ができにくい、ということがインターネットで紹介されています。蒸留水にはカルシウムが含まれていませんから、それを飲んでいれば、尿路結石などはできにくくなると思われます。しかし蒸留水を作るのには時間とコストがかかりますし、飲用はともかく、煮炊きまで蒸留水というわけにもいかないでしょうし、外食することもあります。あまり効率的な方法ではありません。カルシウムを摂取しないのではなく、カルシウムが体内で付着することを防ぐことの方が実用的です。

ウラジロガシ茶を飲む方法
裏が白い樫の葉(ウラジロガシ)でお茶を作って飲むと尿路結石が取れるという話があります。実績もあるようで漢方薬として販売されています。ただし原理は不明で、胆石(油の固まり)も取れるそうですから、カルシウムが溶ける原理とは違うようです。味が苦くて、お金もかかるので、日常的な予防法にはなりにくいようです。

血糖値が下がるので尿路結石ができにくい
血糖値が高いと尿路結石になりやすいと言われています。その理屈はまだ分かっていませんが、直感的に言えば、尿がドロドロしていれば尿路結石もできやすそうですね。
ところがラッキーなことに磁気活水は血糖値も下げてくれるのです。
磁気活水の特性として、カルシウムが付着しにくいことの他に、表面張力が下がって浸透性が良くなっていることが分かっています。浸透性の良い水を飲んでいると血液のドロドロがなくなり、血の巡りが良くなります。血の巡りが良くなると代謝が良くなって、血中の糖分が細胞にうまく運べるようになりますから、血糖値が下がってくるのです。 血糖値が下がることは直接的に結石を溶かすことではありませんが、磁気活水を飲んでいると、尿路結石ができにくい体質になるのです。

利尿作用のメカニズム

先述したように、尿路結石は水分不足になりがちな夏季に多く発生しています。ですから予防策としては体内が水分不足にならないように、水を多く飲むとよいと言われています。

この時、お酒やビールやコーヒーは利尿作用があるので、あまり飲まない方がよい、と言われます。でもビールは95%が水分なのに、なぜビールを飲むと水分不足になるのか、理屈が分からないと釈然としません。釈然としないのでついついビールを飲み過ぎてしまいます。

そこでビールを飲むとなぜ水分不足になるのか、簡単に説明しましょう。
下図は腎臓のメカニズムです。

腎臓には血流が1分間に1リットル、1日にすると1x60x24=1440リットルも流れ込んできます。血液が何度も何度も循環しているのです。そして腎臓は血液を濾過して尿を作りますが、まず第1段階として、「粗ごし」して血液循環料の10分の1、150リットル/日ほどの尿を作ります。これを原尿と言います。これが全部尿で出て行くとなると、人は1日に150リットル、浴槽1杯ほどの尿を出すことになりますが、それではどれだけ水分を取っても追いつきませんし、もちろんそんなことは起こっていません。

腎臓の動作には第2段階があって、そこでもっと精度の高い濾過をして、1.5リットル/日ほどの尿を作って膀胱に送ります。つまり、原尿の1%ほどが、本当の尿になって体外に排泄され、残りの99%は血中に再吸収されます。そしてアルコールやカフェインは、この再吸収を阻害するのです。再吸収の効率が落ちて99%が98%になったとすると、その僅かな差で、本当の尿は1%だったのが2%になります。つまり2倍になってしまうのです。だからビールを飲むと尿がどんどん出て、脱水になるのです。脱水になると尿路結石だけでなく、血液が濃くなって血栓ができやすくなり、脳梗塞などのリスクも増えます。

ところが他方で、いまある尿路結石を排出するには、水をたくさん飲んで尿の量を増やすとよいと言われています。その場合は、ビールでも良いからどんどん飲んで利尿作用を起こして、尿量を増やした方が良いことになります。

というわけで、いずれにせよ、お酒を飲むときは水分を補給しましょう。

磁気活水の利点
①飲みやすい  尿路結石を排出するには、水を多く飲むと良いと言われています。磁気活水は浸透性が良く、舌やノドからも吸収され、胃がポチャポチャしません。飲みやすいのでたくさん飲めます。
②副作用がない 副作用がありません。むしろ血流が良くなる、血圧が下がるなどのメリットがあります。
③再発がない  尿路結石は再発が多くて厄介ですが、磁気活水の愛用者には再発が起きていません。物理的に、結石が大きくならないと考えられます。
④老化防止になる    人は老化すると体が石灰化(カルシウム付着)します。血管石灰化(動脈硬化)、関節石灰化(五十肩)、脳の石灰化、頸椎石灰化、乳腺石灰化などです。磁気活水は石灰化を防ぎ、老化を遅らせてくれます。
⑤費用が安い  水ですから費用がかかりません。またネオジム磁石は半永久的に使えて経済的です。

磁気活水マイルドシャワーの仕様
2分割型(手で2つに離せます)外殻プラスチック製5色   対応管径 16 mmφ(シャワーホースに装着できます)

ネオジム磁石内蔵   管内磁束4300ガウス 磁力60年で約2%減(半永久的に使えます)
胴径90mmφ  胴長170mm 重量650g
付属品:ロウト・アトマイザー・収納缶 定価48600円(税込)

磁気活水の飲み方
朝ペットボトルに水を汲んで、外出時にも持ち歩き1日に1~2 リットル飲みます。ただし沸騰させると効果が減ります(料理やお茶はおいしくなりますが)から、沸かさずにそのまま飲みます。蛇口からは汲みにくい場合は、いったんヤカンや水差しなどに汲んで、そこからペットボトルに小分けすると良いでしょう。


◆シャワーホースに装着して洗髪すると、髪に付着していたカルシウムが取れて、しっとり洗い上がります。
◆付属品のアトマイザーに磁気活水を入れて持ち歩き、疲れた目や肌に吹き付けると楽になります。

友人にも教えてあげましょう

尿路結石でお困りの方はぜひプロジェクトにご参加ください。リスクはなく費用もかかりません。お友だちにも教えてあげて下さい(コピー可です)。

プロジェクト 参加方法
プロジェクトの概要 尿路結石を予防・改善 したい方に当社の磁気活水マイルドシャワー を 1 年間無料 でお貸しいたします。
お預かり金 ただし貸出時に返却保証金として 2万円 をお預かりします。お預かり金は 貸出品をお返しいただけばすぐにお返しいたします。返品はいつでもお受けいたします。

お申込み必須記載事項 お名前/送り先の住所と電話 /好きな色(赤・緑・青・黄・桃・指定なし) をお書き下さい。
代引き 貸出品は代引き(現物と引替えに返却保証金をお預かり)でお届けいたします。
送料、代引き手数料は当社負担です。
破損 高い所から固い地面に落とすなど、通常でないことをしない限り破損することはありません。万一貸出品が破損してもお客様にご負担をお願いすることはありません。
体験談募集 本プロジェクトの目的は、磁気活水によって尿路結石が解消される多くの体験例を集めることです。それによって人類5000年の悩みに最終決着をつけます。貸出品の購入をご希望の方は、尿路結石の体験談をお寄せいただきますと貸出品を追加代金なしでご購入いただけます。(お預かりした2万円で購入できます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする